概 要 ルール コマ解説 コマ解説 コマ解説 コマ解説 コマ解説 コマ解説 コマ解説  




 GOAL KEEPER
 …………………………………………………………………………………………………………………………

  『サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?』をプレイする際に、各コマの特性を活かすには?
  ――コマの種類ごとに、ごく基本的なところを紹介します。


  [GK]コマの特性は、「自陣ペナルティエリア内のどこでも移動できる」ことです。
  ペナルティエリア外でも[Fig]コマと同様の移動ができますが、基本的には[GK]コマはペナルティエリア内に
  留め置いて、守備の任を負わせることになるでしょう。







 ●最後の瞬間に頼るばかりでは危険

  「ペナルティエリア内のどこでも移動できる」という[GK]コマのみの移動能力は、失点の危険をギリギリのところ
  で止められる、まさに最後の砦といえるものです。
  しかし注意しなければならないのは、相手がシュートを放った後で[GK]コマを動かし「移動〜ボール奪う」と
  しても、隣接したままの相手選手コマにすぐに奪い返されてしまう、ということです。


          ※移動〜奪っても直後に奪い返される



  [GK]コマから再度ボールを奪った相手は、そこからまた移動・攻撃を続けられます。
  これを[GK]コマがまた独りで後手に追いかけるばかりでは、相手の波状攻撃を受け続け、いつか[GK]コマが
  追いきれない状態がふと訪れた瞬間に守備は決壊、失点することになってしまうでしょう。

  では、そうなることを防ぐには?
 
                       


 ●先回りして備える

  有効な守備方法は、相手の攻撃意図を予測し、先んじて備えてしまうことです。
  対応されてしまったと分かれば、目論見を挫かれた相手は、別の手を考えることを強いられます。

  また相手が守備対応に気づかないならば、用意した守備網にまんまと飛び込んで こちらにボールを
  奪われるがままになってくれます。
  守備側としては そうなることが最高の結果ですが、そのためにうまく活用したいのが、相互の連携
  (隣接関係)を意識した他の味方選手コマの位置取りです。

  ペナルティエリア内に進入してきた相手選手コマに対して [GK]コマが後追いでシュートを止めに行ったと
  しても、その[GK]コマの移動先マスに味方選手コマが隣接していれば、[GK]コマからのボール交換によって
  相手からボールを奪いきることができます。





  つまり[GK]コマの守備を活かす上で重要なのは、[GK]コマ自身よりむしろ それをサポートする他の味方
  選手コマの動きだ、ともいえます。
  相手の攻撃に先んじて備えようという時には、味方選手コマを[GK]コマと連携(隣接)させやすい位置に
  移動させるのがお勧めです。
  そうして周囲の選手をうまく使えば、[GK]コマはその力を十全に発揮してくれるでしょう。







 ●それでも守るのが難しければ?

  相手の攻撃が予測の上を行っていて、先回りしての対応が難しい場合には、どんな対応方法がとれるで
  しょうか。

  そんな時は、ディフェンスラインを下げて、ペナルティエリア内に多くの選手コマを置いておく他ないかも
  しれません。
  味方が多ければ、[GK]コマは動いた先で味方選手コマと隣接できる可能性が高くなります。
  このあたりは、現実のサッカーと同じです。

  しかしこの方法を採ると、ペナルティエリア外で味方の数が手薄になり、相手にボールを持ってじっくり攻撃する
  機会を与えてしまったり、こちらが攻勢に転じにくくなったりします。

  一旦チーム全体が守備的な態勢になってしまうと、その形勢を覆すのは難しい。
  これも、現実のサッカーに通じる部分といえます。



     ※ペナルティエリア内守備に人数をかける