概 要 ルール コマ解説 コマ解説 コマ解説 コマ解説 コマ解説 コマ解説 コマ解説  




 FIGHTER
 …………………………………………………………………………………………………………………………

  『サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?』をプレイする際に、各コマの特性を活かすには?
  ――コマの種類ごとに、ごく基本的なところを紹介します。

  [Fig]コマの強みは、相手選手コマとの位置関係を入れ替える「競り合い」能力を持つことです。
  この「競り合い」能力をいかに駆使するかが[Fig]コマを活かすポイントです。





 ●攻撃的に使う場合

  「競り合い」能力で有利な場所をキープしてボールを受け、前線に攻撃の基点を築きましょう


  前線でフリーな(隣接する相手選手コマがいない)状態でボールをもらえば、そこからシュートなど攻撃に
  繋げやすくなります。
  普通の移動では相手選手コマの追跡を振り切れそうにない時でも、「競り合い → 移動」ならば振り切る
  ことができる場合があります。








前線で、相手選手コマに隣接されている状況。
[Fig]コマ通常移動では、相手の通常移動
orマンマークで追従可能。












同状況。
「競り合い → 移動」で、相手の通常移動では
追従できない位置に。
同時に、味方選手コマの位置関係で、相手は
マンマークも不可。








  相手選手コマを邪魔な場所から引き離し、他コマの進路を開ける等で攻撃をサポートしましょう


  他の味方選手コマを移動させたい。でもその進路上には邪魔な相手選手コマが。
  そんな時[Fig]コマを相手選手コマに隣接していれば、

   ・「競り合い」で相手コマをどかし、
   ・同時に[Fig]コマ自身が移動して進路を開ける

  ……とすれば、次の手番には狙い通りの動きが可能になります。











[Dri]コマの ペナルティエリアへの進入経路。
途中に相手コマ。それに隣接する[Fig]コマ。














同状況。
[Fig]コマ、「競り合い → 移動」で、相手コマを
どかして自分も移動。
[Dri]コマがペナルティエリアに進入する進路が
開けた。









  ※後方への直線移動が速いので 守備に活かしたい場面もあるでしょうが、戻りすぎると
   再び前線に移動するのに手間がかかってしまいます。
   攻撃に活かしたい[Fig]コマは、できるだけ我慢して前線に留め置くようにすると良いでしょう。






 ●守備的に使う場合

  攻撃してくる相手は、有利な位置からのシュートを狙ってきます


  「競り合い」能力で体を入れ替えて、相手の狙いを妨害しましょう。









自陣ペナルティエリアに相手コマ。
ボールを受ける隙を与えたら
シュートを狙ってくる危険がある。













先んじて「寄せる→入れ替わる」で
相手コマをペナルティエリア外に
追い出してしまう。










  後方への直線移動が速いので、守備対応に便利です

  再び位置を前方に上げたい場合には、「ディフェンスライン上下」ルールをうまく活かすことで
  スピーディに対応できます。



  全方位に動ける[Fig]コマですが、後方以外への大きな移動が困難なため、「マンマーク」ルールも
  うまく使いこなして守備に対応しましょう


  (「マンマーク」という手段の存在は意外と忘れがちではないでしょうか)